脳梗塞

脳梗塞

9月15日に脳梗塞を発症、死を覚悟しました。
MRA検査で脳内血管の詰まっている部分を特定でき、投薬のみで対処できました。
あれから約2ヶ月が経過、経過は順調です。
ドクターは2ヶ月の投薬で完治するといっていましたが、そのとおりでした。
以前はパソコンの前に座ると吐き気をもようしましたが、ようやく頭が回転するようになりました。
脳梗塞で死に至る人はタイでも多いということです。
私は早期発見できて全くラッキーだったと思います。
明日日曜日はドクターにお会いして、今後のリハビリにつき打ち合わせをします。
英語が主体ですが、タイ語も織り交ぜて打ち合わせを進めます。
脳梗塞と同時にアトライティス(arthritis)(関節炎)も同時に発症しています。
最初は足の指、それから足のくるぶし、ひざ、足全体と悪化していく、20年におよぶ生活習慣病です。
それが右手の指(中指、薬指)まで駆け上ってきて指が動きにくくなっています。
指の骨が炎症をおこしていて、血液中の尿酸過多が原因です。
中指、人差し指ともひとまわり大きくはれあがっています。
高速タイピングするのが私の信条だったのに、今ではゆっくりとしたタイピングしかできなくなってしましまいました。
今後は引き続き脳梗塞の投薬に加えてアトライティスの症状を緩和する様々な薬のうち、自分の体質に合うものを見つけ出し試してみようかと思っています。
毎日運動をしなければなりませんのでちょっと大変ですが、もう少し生きたいので面倒くさがらずに運動も生活メニューに加えて実践していきます。
今後とも英字新聞ブログのご愛読のほど、よろしくお願いいたします。

srachai from khonkaen, thailand
[PR]

by kiyoshimat | 2009-11-14 19:55 | 英字新聞

<< オバマ演説 アジア戦略の要は日... 日米首脳会談 同盟深化へ「普天... >>