命がけ

昨日の夕刻、バンコクの状態にたまりかねたコーンケーン市民がデモ行進。
規模は数千人。
赤い文字で(無実の)タイ人民を殺さないで、と書いてありました。
本日午後一番でこのデモ隊に警察か軍隊が発砲、多数の死傷者が出ています。
現場はカイちゃんの小学校に隣接しています。
命がけでお父さん、お母さんたちが子供を守るために学校に殺到、パニック状態です。
私もカイちゃんを救出、近くのホテルで様子をみた後帰宅しました。
なにしろ銃弾が飛び交っているので…
私の娘をこんなにひどい目に合わせる、許せない。
命ある限り、この日受けたショックは償ってもらう。
携帯電話、テレビ中継、それにインターネットも規制されています。
規制しているのは国王の周辺。
許しがたい行為です。
やっとわかりました。
仕組みが。
私はこの戦いで命を落としてもくいはありません。
間もなく解決するでしょう。
でも、私は今回受けた、ひどい仕打ちを一生わすれません。
戦い抜きます。

srachai from khonkaen, thailand
[PR]

by kiyoshimat | 2010-05-19 19:19 | 英字新聞

<< 大手銀行黒字 成長戦略で金融の... 国民投票法施行 憲法改正に正面... >>