「ほっ」と。キャンペーン

普天間日米合意 混乱の責任は鳩山首相にある

専門用語:
the U.S. Marine Corps' Futenma Air Station 米軍普天間飛行場 (マリンコーです、Pは黙音で発音されません)

コメント:
辺野湖周辺の土地が投機目的で買い占められているといううわさがあります。
登記簿をチェックすればすぐにわかりますよね。
もっとも法律違反にはなりませんから処罰はできませんが、それでも倫理的責任はあると思います。
株式のインサイダー取引に相当するのではないでしょうか。
「未必の故意」が見え隠れしますね。

srachai from khonkaen, thailand

The Yomiuri Shimbun (May. 30, 2010)
Hatoyama responsible for base relocation chaos
普天間日米合意 混乱の責任は鳩山首相にある(5月29日付・読売社説)

After causing political confusion at home and in the Japan-U.S. relationship, he easily broke his "promise to the people." He apologized but will not take responsibility. These developments show the real nature of Prime Minister Yukio Hatoyama.
 日本政治と日米関係を混乱させた末、「国民との約束」を簡単に破る。一応謝罪はするが、責任はとらない。これが鳩山首相の本質だろう。

The Japanese and U.S. governments issued a joint statement that stipulates the Henoko area in Nago, Okinawa Prefecture, as the relocation site for the U.S. Marine Corps' Futenma Air Station, also in the prefecture.
 日米両政府は、米軍普天間飛行場の移設先を沖縄県名護市辺野古周辺と明示した共同声明を発表した。

Hatoyama then dismissed Social Democratic Party leader Mizuho Fukushima from his Cabinet after she refused to sign a Cabinet policy document regarding the base relocation because she opposed the Japan-U.S. agreement. Fukushima was the consumer affairs minister.
日米合意に反対し、閣議での政府対処方針への署名を拒否した社民党党首の福島消費者相を、鳩山首相は罷免した。

Even though she was the leader of a coalition partner of Hatoyama's Democratic Party of Japan-led government, she adamantly refused to approve of the government's relocation plan. It was therefore natural for the prime minister to dismiss her.
 連立与党の一角を担う党首とはいえ、政府方針に同意しない以上、罷免は当然である。
[PR]

by kiyoshimat | 2010-05-30 06:08 | 英字新聞

<< 貨物検査法成立 海保と海自の連... 旅行記(パタヤ) >>