タイの花売り娘詐欺にご用心

花売り娘詐欺にご用心。
これからタイ旅行を計画されているかたは詐欺にひっかからないようにご用心ください。
最初の一言、No(ノー)が詐欺を逃れる唯一の方法です。
この他、タイ式三輪自動車トゥクトゥクやタイ式力車サムロ-なども要注意です。
先に料金を確実に交渉して置かなければ必ずぼられます。英語は通用しません。交渉はタイ語で。
安全なタイ式タクシー、タクシーメーターをお勧めします。
車の屋根の上にTAXI METERの表示が大きくなされています。
トゥクトゥクやサムロ-などに比べて確実に安く移動できます。
(スラチャイ)

cite from 在タイ日本国大使館メールマガジン

【大使館からのお知らせ】

バンコクの観光スポット(エラワン・プーム)における献花(供物)代金の高額請求事案に関する注意喚起
(2010年9月2日現在)

1.最近,日本人旅行者から,「エラワン・プーム(バンコク都内の観光名所の
ひとつである通称エラワンの祠。ラチャプラソン交差点近く)に参拝したが,敷
地外にいた花売り(屋台)から献花用の花束(又は供物)を法外な値段で売りつ
けられた。」といった報告が相次いで寄せられています。

 事例は概ね次のようなものです。

(1) 参拝前に,入り口付近で人々の参拝の様子などをうかがっていると,そば
にいた花屋(屋台の売り子)から,「代金は(参拝の)あとでいいから,この花
を持ってまずお参りしなさい。」などと声を掛けられ,花束を手渡される。

(2)参拝を終えると上記(1)の売り子が近づいてくる。代金を尋ねると、5,000
~8,000バーツ(当館注:市価は数十バーツ~200バーツと見込まれる)を請求さ
れる。

(3)高額すぎるのではないかと訴え,交渉を試みると少しずつ値を下げるが,
多くの場合,市価の10~20倍の金額でまとめられてしまう。

2.エラワン・プームは,タイの中でも有数の観光スポットとして,また霊験あ
らたかな信仰の対象として日々参拝者が絶えない場所であるだけに,その周辺で
は,多くの観光客を狙い詐欺まがいの商売を繰り返す行商人があとを絶たず,今
後,同種の被害が増加することも懸念されます。

3.つきましては、同寺院付近で献花用の花や供物を購入する場合は、購入前に
料金を確認する等、被害にあわない様ご注意ください。

(問い合わせ先)
海外より、
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8502、696-3002(邦人援護)
 FAX :(66-2)207-8511
* * * * * * * * * * * * * * * 
タイ国内より、
在タイ日本国大使館領事部
177 WITTHAYU ROAD, LUMPHINI, PATHUMWAN, BANGKOK. 10330
TEL : 0-2207-8502, 0-2696-3002
FAX : 0-2207-8511
[PR]

by kiyoshimat | 2010-09-06 14:16 | 英字新聞

<< 新卒就職対策 成長戦略こそ最大... 我が家のライブ >>