「ほっ」と。キャンペーン

Nagai dies for Burmese Democracy

2007年4月、ビルマ民主化運動のデモを取材撮影中にジャンタの凶弾に倒れたジャーナリスト長井健司さんの記録です。スーレパゴダはラングーン(ヤンゴン)のダウンタウンの中心です。ここでよくお参りしました。普段は本当に平和でのどかなこの場所でこんな忌まわしい事件があったのですね。wikkipediaを参照しましたが、英語版と日本語版とでかなり齟齬があるようです。世界的には英語版が通用しています。日本語版を正とするためには英語版の充実が不可欠です。
(スラチャイ記)

cite from wikkipedia,

Death
ジャーナリスト長井さんの死

Nagai, with a camera still in his hands, after he was fatally shot by a Burmese soldier. Taken by Adrees Latif, this photo won Pulitzer Prize for Breaking News Photography in 2008. Nagai had been in Burma covering the anti-government protests since Tuesday, September 25. On Thursday, September 27, Nagai was photographing the protests near the Traders Hotel, a few blocks away from the Sule Pagoda in downtown Yangon, when soldiers opened fire on demonstrators, killing Nagai and reportedly injuring another foreign journalist.
長井さん反政府デモを取材するために2007年9月25日にミャンマーに観光ビザで入国した。27日、ヤンゴンのトレーダースホテルから数ブロック離れたスーレ・パゴダ近くでデモを撮影していたが、軍の治安部隊がデモ隊に発砲した際に彼を射殺した。さらに、別の外国人ジャーナリストも負傷した。

Reports initially stated that Nagai was hit by stray bullets fired by soldiers or possibly shot from the front. The "stray bullet" explanation was proposed by the government of Burma as an explanation for Nagai's death. However, video footage obtained by Japanese television appears to show a Burmese soldier shoving Nagai to the ground and shooting him at point-blank range.
当初ミャンマー政府は治安部隊が発砲した際に前からの流れ弾に当たったと説明した。しかし日本のテレビでも放送された別の角度から映されたビデオは、背後から近づいた軍人が至近距離で彼を撃ったと思われる姿を捉えていた。

A still image photographed by Adrees Latif showed the soldier standing over Nagai, who was sprawled on the ground and still clutching his camera.
ロイター通信カメラマンのアドリース・ラティーフが撮影した写真が残されている。道路の地面に横たわる長井さんを見下ろしているビルマ兵士の映像であり、長井さんの手にはまだカメラがしっかりと握りしめられていた。

This photograph appeared on the front page of The New York Times on September 28, 2007.
この写真は2007年9月28日付けのニューヨークタイムズに掲載された。

A subsequent shot showed Nagai's body sprawled in the street as the soldier walked away.
その直後の銃撃で長井さんは道路上に倒れ、兵士は去っていった。

Judging from the patch, the soldier responsible is believed to be from one of the Light Infantry Divisions (possibly LID 66) in charge of crowd control in Yangon at the time of protests.
これらの状況から判断できることは、この兵士が長井さんを射殺したということ。デモ制圧のビルマ部隊LIDによる犯行だ。

At the Japanese embassy in Burma, a physician established the trajectory of the fatal bullet that killed Nagai, determining that the bullet entered Nagai's chest from the lower right side and pierced his heart before exiting from his back.
在ビルマ日本大使館によると、ドクターの所見では銃弾は背後から撃たれたもので右胸低部から心臓を突き抜けていた。(日本語版と齟齬がありますが、英語版の翻訳です by srachai)

On October 8, new footage showing how a Burmese soldier apparently confiscated fallen Nagai's video camera was revealed on a Japanese news show.
2008年10月8日、日本のニュースショウで銃弾でたおれた長井さんよりビデオカメラを没収するビルマ軍兵士の様子が放映された。

Adrees Latif's photo, depicting Nagai sprawling on the pavement before his death, won the Pulitzer Prize for Breaking News Photography in 2008.
 2008年4月7日、ロイター通信カメラマンのアドリース・ラティーフが撮影した写真で健司が射殺されたシーンがピューリッツァー賞ニュース速報写真部門に選ばれた。

Response
その後の動き

Reporters Without Borders condemned the killing of Nagai, noting that Nagai was carrying a camera in his hand when he was shot, identifying him as a journalist. The director of the RWB's Washington, D.C. branch, Lucie Morillon, said that Nagai was "left to die in the street."
国境なき記者団は健司の殺害を非難した。ワシントン支局長のルーシー・モリロンは「彼が撃たれた時、カメラを手にしていてジャーナリストと識別出来た筈だ」と語った。長井さんは通りで狙撃されて命を失った、と国境なき記者団のダイレクターは語った。

Japanese Prime Minister Yasuo Fukuda bemoaned Nagai's death as "extremely unfortunate" and Chief Cabinet Secretary Nobutaka Machimura offered his prayers and condolences.
福田康夫首相は「長井さんが亡くなられた事はまことに残念で、お悔やみを申し上げる」と述べた。

Machimura said: "We strongly protest the Myanmar government and demand an investigation (into the death). We demand (Myanmar) take appropriate steps to ensure the safety of the Japanese citizens in that country."
町村信孝官房長官は「日本政府は弾圧的な実力行使をしないように求めてきたが、邦人が巻き込まれて犠牲になった事は極めて遺憾だ。ミャンマー政府に強く抗議する」と述べると共に「事件の真相究明をミャンマー政府に求めていく」と発言。更に「在留邦人の安全確保のため、適切な対処を求める」と述べた。

Japan's Foreign Minister Masahiko Komura stated that Japan holds Burma accountable for the death of Kenji Nagai.
高村正彦外務大臣は長井さんの死亡につきビルマ政府に説明を求めると語った。

According to Komura, U.S. Secretary of State Condoleezza Rice told him that the "international community cannot allow peaceful protesters to be killed and injured".
高村正彦外務大臣によると、アメリカのコンドリーザ・ライス国務長官は高村外相と会談した際「国際社会は平和なデモ参加者が殺されて、傷つけられるのを許容する事は出来ない」と発言している。

On September 28, Masahiko Komura lodged a protest over the killing of Nagai when he met with Burma's Foreign Minister Nyan Win at the United Nations Headquarters. In the meeting, Nyan Win apologized for Nagai's death. 9月28日、高村正彦外務大臣はニューヨークの国連本部でミャンマーのニャン・ウィン(Nyan Win)外相と会談。「平和的デモに強圧的な実力行使が行われ、日本人が死亡した。大変遺憾であり強く抗議する」と述べ、ウィン外相が謝罪した。また「報道の映像で見る限り、至近距離から射殺されており決して流れ弾のようなものではない。真相解明を強く求める」と発言した。

Yabunaka Mitoji, Deputy Minister for Japanese Foreign Affairs, left for Burma on September 30.
外務省は9月30日に薮中三十二外務審議官をミャンマーに派遣。

Although Nyan Win officially apologized, an October 13 article locally published in the government-owned Mirror newspaper offered a different view of the events. It claimed that Nagai had entered the country using a tourist visa instead of proper journalist visa and faulted the cameraman for failing to get a permit to cover the news inside Burma. It emphasized that the event occurred at the time of martial law being imposed and the soldiers could not differentiate between a Burmese citizen and a Japanese because of the resemblance in Asian looks.
ミャンマー国営紙・ミラーは2007年10月13日付の記事にて、「観光ビザで入国したために起きた悲劇。ジャーナリストとして活動するならば、適切な申請を行うべきであった」と批判した。
事件は戒厳令下に発生した。同じ東洋人でビルマ人と見分けがつかなかった。(嘘です、一目瞭然です by srachai)

Nagai's father, Hideo, told the media: "I don't want Myanmar authorities and the government to resort to such measures. I want them to prevent something like this from happening again." According to Japan's Foreign minister Masahiko Komura, Japan is considering curbing development aid for Burma.
長井さんの父親はメディアを通してビルマ政府にこのような乱暴な手段を使わないで将来同種の悲劇が発生しないように要求した。
高村正彦外務大臣はビルマ向けODA削減を制裁措置として考慮していると発表した。

"The Group Protesting the Murder of Mr. Nagai by the Army of Myanmar" was founded by Japanese journalists, intellectuals and celebrities in order to protest Nagai's killing and petition for the return of his camera and tape.
By November 2007 the group collected 20,000 signatures, primarily in Japan. On November 26, 2007, the group posted an English version of the letter on their website and started collecting signatures internationally.
長井さんのビルマ取材活動中の死に抗議して日本で抗議活動グループが結成された。長井さんの遺品であるビデオカメラや記録テープの返還をビルマ政府に求める活動を行う。
2007年11月までには二万人余りの賛同を得ている(日本)。
英語版のレターを発行して世界に向けて賛同者を募集中。

(翻訳は意訳です by srachai)
[PR]

by kiyoshimat | 2010-10-29 06:44 | 英字新聞

<< 関西広域連合―まあ、やってみなはれ 太平洋経済連携 首相は交渉参加... >>