Good to hear! From the BBC

時間があまりとれないので素訳(意訳)です。
先ほどビルマ評議会のタンシェ議長のtwitterを読んで感動しました。
ビルマも民主化へ向けて確実に歩み始めています。
ビルマ方式の民主主義でいいじゃないですか。
ビルマとのお付き合いは25年になりますが、こんなことは初めてです。
タンシェ議長の投稿は下記のとおりです。
(Plaid_ThanShwe)
Burma s not that bad we freed pro-democracy icon Aung San Suu Kyi less than a week after the nov 7th elections

cite from BBC News,

http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-pacific-11775469

17 November 2010

Burma's Aung San Suu Kyi 'has foot soldiers' support'
ビルマのスーチー女子、ビルマ軍歩兵団の支援を得る

The BBC Burmese service says it has the first indication of support within the lower ranks of the military for pro-democracy leader Aung San Suu Kyi.
BBCのビルマ支局の発表。
軍の下級兵士たちが民主化運動のスーチー女史を支援すること今までなかった。(初めてである)

Infantrymen from two Burmese army divisions confirmed reports that several hundred soldiers travelled to Rangoon to witness her release.
スーチー女史の解放を一目見ようと、ビルマ軍の二つの部隊に所属する軍人たちが大勢ラングーンに集まってきている。

They said they hoped she could talk to their superiors about supply shortages.
これらの軍人たちは、スーチー女史が軍の幹部たちに、軍人に支給する食料などを十分にほどこすように話してもらいたいと思っている。

Ms Suu Kyi's release came a week after a military-backed political party won Burma's first election in 20 years.
スーチー女子の自宅軟禁解除は、20年に一度の総選挙で軍部が大勝したあと一週間後に行われた。

The ballot was widely condemned as a sham.
ビルマの総選挙は国際世論から正当な選挙ではなかったと叩かれている。

Ms Suu Kyi, 65, was freed after her latest period of house arrest expired and was not renewed by the military government.
スーチー女子は65才。最後の自宅軟禁の拘留期限が切れて、軍部がそれを延長しなかったので実現できた。

'High hopes'
高まるビルマ民主化への期待

The extent of support for her in the army is not clear.
兵士たちによるスーチー女史支援についてはまだ明確でない部分が多い。

A number of soldiers from battalions in Rangoon and Bago divisions and their families went to Aung San Suu Kyi's house on the 13 November to greet her on her release.
ラングーンとラゴの二つの師団より多くの軍人とその家族がスーチー女子の家の前に集まって来た。11月13日のことである。解放されるスーチー女史を一目見ようと多くの人々が集まった。

"We went there to greet her because we believe the hardships the lower rank and file are facing can be solved if Ms Suu Kyi and the military commanders work together.
兵士たちのねらいはこうだ。
スーチー女史と軍の幹部たちが話し合って、下級軍人の困窮を救済して欲しい。

"We have high hopes for Ms Suu Kyi," a soldier told the BBC Burmese service.
スーチー女史に期待している。軍人たちはBBCビルマ支局にこう訴えてきた。

It follows reports in September that soldiers in many areas were refusing to carry out routine tasks in protest at short rations and lack of access to their pay.
9月のBBC報道では以下ように問題となっていた。
ビルマ各地の多くの軍人たちが割り当てられている食料の少なさ、賃金の不払いなどに対して、抵抗するためにストライキを行っていた。
今回の軍人たちの動きは、上記の状況をを打開すべく自主的に決起したものだ。

In a series of BBC interviews, soldiers in garrison towns said their rations had been cut for weeks.
BBCの一連のインタビューでは、
ビルマ軍駐屯地の兵士たちは数週間にわたり食料の割り当てがカットされる事態となっていた。

They said commanders had barred access to money they had saved, which is kept in a central fund.
軍の幹部たちは、軍人たちが政府の銀行に預けているお金を凍結している。こう不満をもらしていた。

The Burmese authorities have denied any disquiet in the military.
ビルマ政府はこの不穏な情勢をまだ外部に発表していない。
[PR]

by kiyoshimat | 2010-11-18 13:35 | 英字新聞

<< 海保映像問題―まだ流出の真相が見えぬ Aung San Suu Ky... >>