速報

スーチーさんが訪問したHIV患者収容施設内の収容患者たちに対する立ち退去命令が撤回されました。
これを機にビルマが一歩でも深く民主国家の仲間入りをすることを願います。
過去数十年の流れを見れば、これは画期的なことだということができます。
ビルマはすでに民主化へ向けて舵(かじ)を切っていると確信します。
翻訳は意訳です。(スラチャイ)

cite from the independent world,

Burma gives HIV patients a reprieve from eviction
ビルマ政府、HIV患者たちの施設外退去命令を撤回

By a correspondent in Rangoon
Friday, 26 November 2010

Authorities in military-ruled Burma gave a last-minute reprieve last night to HIV patients living in a shelter run by supporters of democracy leader Aung San Suu Kyi, after earlier saying it had to be shut down.
ビルマ民主化運動の母、アウンサンスーチーさんの支持者らにより運営されるHIV患者収容施設に収容されている患者たちに対する施設外立ち退き命令は土壇場になってビルマ軍事政権により撤回された。(\(^▽^)/)

Yarzar, one of the shelter's staff, said the authorities agreed last night to let the patients stay. Last week, local officials ordered the 80 patients to be moved by this week, saying without explanation that it would no longer approve the requests for overnight guests that are legally required.
収容施設のスタッフのヤーザーさんはこう語る。昨夜、政府の代表がやってきて患者たちの施設内滞在を許可してくれた。先週私たちは、80名の収容施設内収容患者たち全員を今週中に施設外に退去させるように命令を受けていた。退去理由については明確な説明がなかったが、従来の滞在許可申請方式はもはや通用しないとだけ話していた。

The shelter's organizers believed the eviction threat was issued because Suu Kyi visited it just days after her 13 November release from extended house arrest, promising to help provide badly needed medicine. The ruling junta regards Suu Kyi and her non-violent struggle for democracy as a threat to its power.
収容所の運営者らはこう考えている。11月13日にスーチーさんが自宅軟禁を解除された直後に施設を訪問、治療薬が不足していて苦悩している患者たちを励ましたことが原因ではないかと。軍事政権は、このスーチーさんの非暴力的な民主化運動に対して大きな懸念を抱いていたのではないかと。

The conciliatory gesture has a hitch, however: the permits must be renewed each week, and there is no guarantee they will be.
毎週、HIV患者たちの施設内居住許可申請をしなければならないのは以前と同じ。

Still, Yarzar said: "I am greatly relieved and so are the patients."
施設の管理人ヤーザーさんは、それでも患者たち、それと私は大変に安心させられました(救われました)。
(ここはビルマ軍事政権に対して素直な感謝の心を表すべきでしょう by srachai)

The shelter's organizers, who are public supporters of Suu Kyi's political movement, said earlier that they would not send the patients away despite the threat of legal action.
民主化運動の母、スーチーさんを支持する収容所の運営者たちは、たとえ法廷闘争になろうと患者たちを施設外に退去させるわけにはいかないと話していた。

The state-run Myanma Ahlin newspaper said on Wednesday that health officials had inspected the shelter in July and August and found it to be unhygienic.
ビルマの国家新聞、ミヤンマーアーリン紙は水曜日こう発表した。7月、8月に行われた政府の保健所による収容施設内立ち入り検査ではこのHIV収容施設は不衛生である。

Health authorities had offered to relocate the patients to a state-run HIV centre but the patients refused to move, saying their shelter not only offered medical care, food and accommodation but "warmth and affection that no other centre can provide."
ビルマ政府の役人は、HIV患者たちが国営のHIVセンターに移動することを推奨している。患者たちはそれをこばんでいる。なぜって、スーチーさんの収容施設は治療薬や食べものがいただけるだけではなくって、他のどんなセンターも提供できない患者たちに対する暖かい思いやりの心で満ちているから。
[PR]

by kiyoshimat | 2010-11-27 09:36 | 英字新聞

<< 米韓軍事演習 中国も「北」抑止... 職なき若者―構造的ミスマッチなくせ >>