「ほっ」と。キャンペーン

木語:バッタ来襲の恐怖=金子秀敏

かつて、バブル景気盛んな日本でも同じような状態ではなかったのでしょうか。
歴史は繰り返すのです。
こうして、経済的な豊かさを取り戻したあとに、言いようのないむなしさを覚えるのも中国人のお金持ちたちなのです。
かつての日本がそうであったように。
経済的豊かさと精神的豊かさを同時に満足させるのは難しい。
つまるところ、現状をあるがままに受け入れ満足できる人たちが一番幸せなような気がしています。

スラチャイ

Tourism and the fear of locusts
木語:バッタ来襲の恐怖=金子秀敏
 <moku-go>

Pearl Buck's novel "The Good Earth," set in a farming village in China's Anhui Province, contains a famous scene in which a swarm of locusts blackening the sky attacks the village's crops.
 パール・バックの小説「大地」の舞台は中国安徽省の農村だ。空が暗くなるほど無数のイナゴが飛んできて畑を襲うという有名な場面がある。

In China there is a word for a migratory type of locust written with the characters for "flying" and "locust."
中国語では「飛蝗(ひこう)」という。実はイナゴよりも大きなトノサマバッタの一種だそうだ。

Recently controversy erupted in Hong Kong over an advertisement depicting a locust overlooking the city.
 最近、この恐ろしいバッタが香港の地図の上にとまっているイラストを入れた意見広告が香港紙に掲載され、騒ぎになった。

It was a stab at the trend of pregnant women arriving from mainland China to give birth in Hong Kong, comparing them to a swarm of the insects.
内地からやってくる中国人妊婦をバッタの来襲に見立てているのだ。

If a husband and wife are Chinese nationals, then their child naturally obtains Chinese citizenship, but if the child is born in Hong Kong, then that child obtains Hong Kong residence rights.
 夫と妻の双方が中国人ならその子は当然、中国籍だ。しかし香港で出産すると香港の居住権がとれる。

Because of this, Chinese women of means have occupied Hong Kong's maternity wards, and their children have filled kindergartens and schools.
金持ちや、ちょっと金持ちの中国人妊婦たちによって香港の産科病棟が占領された。病院は満員、こうして生まれた子どもたちで幼稚園や学校もいっぱいだ。

The controversial ad, which directed hostility at what it depicted as locusts laying waste to public facilities for Hong Kong residents, was funded by local Internet users.
 香港人のための公共施設を荒らすバッタに敵意をむき出した意見広告は香港のネットユーザーが出した。

Not surprisingly, Hong Kong authorities warned the organizers over the discriminatory nature of the advertisement, but all the same, it uncovered a deep psychological tendency among the people of Hong Kong.
さすがに香港当局から差別的と警告を受けたが、香港人の深層心理はよく表れている。

As I have mentioned in previous columns, the clash of culture due to the rise of China emerged first in Hong Kong.
 小欄が前回、前々回と取り上げたように、「中国の台頭」による文明の衝突が香港から始まった。

It began after Chinese became wealthy, the restrictions for overseas travel were eased, and Chinese headed to Hong Kong and other destinations to buy luxury items and brand-name products.
 中国人が豊かになった。海外旅行の制限が緩和され、ぜいたく品やブランド品を買いに、香港へ、外国へどっと出てきた。

China now has the world's greatest purchasing power.
 いまや世界一の購買力だ。

When Chinese-made powdered milk is found to be contaminated, people from China travel to Hong Kong and fill their suitcases with foreign-made powdered milk.
中国製粉ミルクが有害だとなると、香港に出てきて外国製粉ミルクをトランクいっぱい詰め込んで帰る。

And while such everyday items are being purchased, rich Chinese are also buying high-rise luxury homes on Hong Kong's coasts.
日用品もさりながら、海を見下ろす超高層の高級マンションを買うのも中国人の富豪たち。

Thanks to this, the Hong Kong economy is performing well.
 おかげで香港経済は活気づいている。

One would expect Hong Kong residents to be happy about this, but difficult emotions are involved.
だから香港人は喜んでいいはずだが、そこは複雑な感情がある。

Until recently, Hong Kong was an international city with million-dollar night views, dubbed by some as the pearl of Asia, while China was a poor country filled with bicycles, closed off behind the "Bamboo Curtain."
ちょっと前まで香港は、100万ドルの夜景、アジアの真珠とたたえられた国際都市だった。一方の中国は「竹のカーテン」に閉ざされた、自転車ばかりが走る貧しい国だった。

Symbolic of the change is the Dolce & Gabbana incident in January.
 1月の「D&G事件」が象徴的だった。

The famous Italian fashion house opened a major store in a shopping district of Hong Kong.
イタリアの有名ブランドが香港の繁華街に大型店を出した。

But when Hong Kong residents tried to take snapshots in front of the store, they were sent on their way.
香港市民が店の前で記念写真を撮ろうとすると追い払われた。

The store was not targeting locals as customers, but rather those from mainland China.
この店は、地元は相手にしておらず、狙いは中国人客なのだ。

Hong Kong residents, their pride bruised, began protests.
自尊心を傷つけられた香港人が抗議デモを起こした。

Countries across the world are now trying to attract Chinese tourists.
 世界各国が中国人観光客の呼び込みをはかっている。

The number of foreign tourists to Japan dropped markedly after the March 2011 Great East Japan Earthquake and tsunami, but Chinese tourist numbers are said to have recovered rapidly.
日本に来る外国人観光客は東日本大震災で激減したが、中国人観光客の数は急速に回復したという。

This is happy news for Japan, which is trying to build itself up through tourism.
観光立国を目指す日本にとって喜ばしいことだ。

Unless people in Japan are conscious of this, the same type of friction seen in Hong Kong will happen here, too.
しかし、そういう意識を自覚していないと香港のような摩擦が起きる。

(専門編集委員)
(By Hidetoshi Kaneko, Expert Senior Writer)
(Mainichi Japan) February 11, 2012
毎日新聞 2012年2月9日 東京朝刊
[PR]

by kiyoshimat | 2012-02-13 04:21 | 英字新聞

<< 香山リカのココロの万華鏡:「人... 9条と自衛隊 憲法改正へ論議の... >>