「ほっ」と。キャンペーン

民主党大会 新党も選択肢

毎日新聞ですが比較的平易な英文で書かれていますので、直接英文で意味はくみ取れるでしょう。
日本語の関連記事を同時に掲載します。

January 30, 2016 (Mainichi Japan)
Main opposition DPJ holds convention, may merge to form new party
民主党大会 新党も選択肢

The main opposition Democratic Party of Japan may seek to form a new party through a proposed merger with a smaller opposition party ahead of a parliamentary election this summer, DPJ President Katsuya Okada said Saturday at a party convention in Tokyo.

Okada expressed his intention to begin negotiations with Japan Innovation Party leader Yorihisa Matsuno over the idea of merging their parties in an effort to confront the ruling bloc in the upcoming House of Councillors election.

The two parties formed a joint parliamentary group in the House of Representatives in December. Differing opinions remain, however, among the members of the two opposition parties about the proposed merger.

"The formation of a new party is not being ruled out as an option. What is important is whether we would be able to share policies and philosophies in common and whether we would be able to pursue political cooperation to earnestly try to take over the reins of the government," Okada said.

"I hope to hold substantive talks with Mr. Matsuno, leader of the Innovation Party. The outcome we would agree on would be presented to party organizations," he said.

Matsuno and Rikio Kozu, president of the Japanese Trade Union Confederation, or Rengo, were among the guests at the DPJ convention held at a Tokyo hotel.

The DPJ adopted a fiscal 2016 action plan stressing the importance of opposition forces getting together to fight the ruling bloc led by Prime Minister Shinzo Abe's Liberal Democratic Party in the upper house election, citing the possibility of a lower house election being held at the same time.

The DPJ was in power for three years through December 2012.

関連記事

民主党大会 岡田氏「新党も選択肢」 維新と直接交渉へ

 民主党は30日、東京都内のホテルで定期党大会を開いた。岡田克也代表はあいさつで、夏の参院選に向けた維新の党との新党結成について「選択肢として排除されていない」と述べ、今後、両党代表間で結論を出す考えを示した。民主党による維新の党の吸収合併か、両党の解党による新党かという方法には言及しなかった。参院選を「安倍政治の暴走を止める選挙」と位置付け、「代表として前面に立って全力を尽くす。結果にはすべての責任を負う」と決意を表明した。

 両党は3月末を目指して新党結成の可能性を探っているが、解党を主張する維新の党に対し、民主党は意見がまとまっていない。期限が迫る中、岡田氏は維新の党の松野頼久代表と直接、交渉することを決断。あいさつでは「結果によっては党内手続きが必要かもしれないが、まずは代表の私に任せてほしい」と述べた。

 来賓で招かれた松野氏は大会終了後、「岡田氏にしては相当踏み込んでくれた」と記者団に語り、近く協議を始める考えを表明した。民主党の前原誠司元代表は「お互いが解党し、もっと大きな勢力を結集した方がいいと今でも思っているが、国民に期待される新たなかたまりを作ってほしい」と述べ、当面、両党代表の協議を見守る姿勢を示した。

 岡田氏は大会で、安倍晋三首相との対決姿勢を鮮明にしたうえで、「立憲主義は危機的状況にある。改憲勢力が(参院で)3分の2を取れば、憲法改正をしてくると覚悟しなければならない。それは絶対に許してはならない」と指摘。安全保障関連法に反対する運動が全国に広がったことを踏まえ、「そういう勢力を結集して参院選を戦う」と訴えた。

 岡田氏は、参院選で改選数1の「1人区」(全国で32選挙区)対策として、共産党を含む野党協力を目指しているが、民主党内の異論や支持団体の連合に配慮し、大会では共産党に触れなかった。参院選の勝敗ラインも明示せず、大会後の記者会見で「数字で言うのは不毛だ」と述べた。

 大会では「安倍政権を打ち負かす大きな力の結集を図る」という2016年度活動方針を採択した。【田所柳子】


岡田代表の発言 骨子
・維新の党との新党結成も選択肢。維新と代表間で議論を集約する
・参院で改憲勢力が3分の2を占めるのを許さない
・参院選の勝利に全力を尽くす。結果にすべての責任を負う
[PR]

by kiyoshimat | 2016-01-31 09:24 | 英字新聞

<< 天皇陛下比訪問 友好親善深めた... 日銀 2%目標へ強い意志…マイ... >>