すごかったカイちゃんの20人ごぼう抜き

長女カイちゃんは、現在中学二年生。
成績は600人の学年で一番を維持しています。
カイちゃんが小学6年生の時、スマホやパソコンでゲームばかりやっていたので、成績がクラスで40番目に落ちました。
特別につくられたクラスなので、皆、成績はずば抜けています。
カイちゃんは、普通は、30番くらいを行ったり来たりしていました。...
みかねた父親が、カイちゃんを呼んでしかりつけたことがあります。
やがて、カイちゃんが後期の試験の成績を持ってきました。
ちょうど20番です。
あの特別クラスですから、20人ごぼう抜きは、ものすごいことです。
父親はいたく感動させられてしまいました。
娘は胸を張っていました。
いまでも、わたしの記憶に、くっきりと焼きついています。

My eldest daughter Kai-chan is now a junior high school second grader.
Kai-chan is able to keep No.1 rank in 600 students.
When Kai-chan was in the sixth grade of elementary school, she was doing only games on a smart phone or a personal computer, so her rank fell to the 40th in class.
Because the class is a specially made for entering university, everyone has excellent ability.
Kai-chan usually goes back and forth about 30 th. rank.
So father had got in touched with Kai-chan to rectify the situation.
Eventually, Kai-chan had brought the test result of the second term examination.
The rank was just 20th rank in the class.
Because she is in the special class, it is amazing to roll over 20 students.
Father was deeply touched.
My daughter seemed to be dignified.
Even now, I still remember the incidence clearly as if it is burned to my memory.


[PR]

by kiyoshimat | 2018-03-29 21:26 | 愛する娘たちへ

<< これから先の人生を変えてしまう... South Korea Say... >>