カテゴリ:愛する娘たちへ( 3 )

すごかったカイちゃんの20人ごぼう抜き

長女カイちゃんは、現在中学二年生。
成績は600人の学年で一番を維持しています。
カイちゃんが小学6年生の時、スマホやパソコンでゲームばかりやっていたので、成績がクラスで40番目に落ちました。
特別につくられたクラスなので、皆、成績はずば抜けています。
カイちゃんは、普通は、30番くらいを行ったり来たりしていました。...
みかねた父親が、カイちゃんを呼んでしかりつけたことがあります。
やがて、カイちゃんが後期の試験の成績を持ってきました。
ちょうど20番です。
あの特別クラスですから、20人ごぼう抜きは、ものすごいことです。
父親はいたく感動させられてしまいました。
娘は胸を張っていました。
いまでも、わたしの記憶に、くっきりと焼きついています。

My eldest daughter Kai-chan is now a junior high school second grader.
Kai-chan is able to keep No.1 rank in 600 students.
When Kai-chan was in the sixth grade of elementary school, she was doing only games on a smart phone or a personal computer, so her rank fell to the 40th in class.
Because the class is a specially made for entering university, everyone has excellent ability.
Kai-chan usually goes back and forth about 30 th. rank.
So father had got in touched with Kai-chan to rectify the situation.
Eventually, Kai-chan had brought the test result of the second term examination.
The rank was just 20th rank in the class.
Because she is in the special class, it is amazing to roll over 20 students.
Father was deeply touched.
My daughter seemed to be dignified.
Even now, I still remember the incidence clearly as if it is burned to my memory.


[PR]

by kiyoshimat | 2018-03-29 21:26 | 愛する娘たちへ

カイちゃんありがとう

カイちゃんを授かってから、いろんなことがあった。
もしもこの子を授かっていなかったら、こんなに幸せを感じる毎日はすごせなかっただろう。
カイちゃん、無事に生まれてこれて本当によかったね。
7年前にマクアちゃんを亡くしたときには、お父さん目の前が真っ暗になったものだ。
この先の私の人生は終わったといった感じであったのを覚えている。
5年前にカイちゃんが生まれてから、私の人生にようやく光があたるようになった。
暗い人生が明るい人生に生まれかわった瞬間でもある。
カイちゃん、ほんとうにおめでとう。
そして、ありがとう。
[PR]

by kiyoshimat | 2008-11-09 10:25 | 愛する娘たちへ

まとめてシーファーちゃん

まとめてシーファーちゃん

スラチャイは最近仕事に追われている。一日あたりの睡眠時間3~4時間、急に忙しくなった。
仕事はインターネット経由で全部自宅にいながらできるので、愛する娘たちと離れることはない。常に一緒に生活することができている。この事実だけで、多少忙しくても我慢できる。スラチャイはもう二度と単身赴任で働くことをしないと決心しました。
仕事の合間に子供たちとあそべる。
最高の贅沢だと思います。
最近のシーファーちゃん、題して『まとめてシーファーちゃん』

●シーファーちゃんは本を読むのが大好き
シーファーちゃんは先月やっと1歳になったばかり、でも本を読むのが大好きだ。
お父さんのタイ語の教科書(小学校)を引っ張り出して毎日それで遊んでいる。
教科書は面白い挿絵が一杯挿入さてている、それでシーファーちゃんこの挿絵が大好き。
絵をひとつづつ指で指して、アーとかウーとかいっては楽しそうに遊んでいる。
お父さん、シーファーちゃんの会話にご返事するのを忘れない。仕事の合間に簡単にできる。

●シーファーちゃんの携帯電話あそび
シーファーちゃんは携帯電話が大好き、あまり遊びすぎでプリペードカードの残高がなくなってしまうことがよくあるので、お母さん携帯電話をとりあげてしまった。
シーファーちゃんは全くめげたそぶりをみせない。
テレビやエアコンのリモートコントロールスイッチを手にもってアー、ウーとリモートに話し掛けたり、耳にあてて電話をするそぶりをみせる。 とくに何も教えなくとも、子供はしっかりと大人の動きをみつめているものだ、と妙なところで感心したりする昨今の父親ではある。

●シーファーちゃん『メー(タイ語でお母さん)』と叫ぶ
シーファーちゃんは午前中かならず一眠りするのが習慣となっている。
正午過ぎに、シーファーちゃん目をさましたが添い寝をしているはずのお母さんがいない。
お母さんは外で洗濯物を干していて、忙しいさの真っ最中。
シーファーちゃん大声で、本当に驚くようなはっきりとした発音で叫んだ。
『メー』
外で作業しているお母さん、びっくりして急いで引き返した。
シーファーちゃん、大喜び。
お父さんは、わずか1歳のシーファーちゃんの成長に感動して胸を詰まらせる。

●シーファーちゃん足をテーブルにのせる
お父さんのお仕事、長時間に渡る。
疲れると、机の脇のソファーに足を投げ出して休息するが、椅子にこしかけたまま。
向こうの食卓では、シーファーちゃんが幼児用の高さの低い椅子に腰掛けてお食事中。
シーファーちゃん、お父さんがソファーに足を投げ出すのを目ざとく見つけてにっこりと笑った。
突然、シーファーちゃんもテーブルの上に足を投げ出して、お父さんと同じ格好をする。
お父さん、おもわず苦笑い。 お母さんは、子供は何でもお父さんのまねをするので、気をつけるように注意するようにお父さんに助言した。
お父さんは再度苦笑いを繰り返した。

幸せです!
[PR]

by kiyoshimat | 2008-11-04 12:24 | 愛する娘たちへ